ひげ脱毛をする前に知っておきましょう

ヒゲ脱毛の予備知識記事一覧

毛には「毛周期」と言うサイクルがあります毛には「成長初期→成長後期→退行期→休止期」と生えかわるサイクルがあり、これを「毛周期」と言います。ヒゲ全体の3分の1が通常表皮上に出ている毛と言う事です。ですからヒゲ脱毛1回目で全ての毛が抜けてしまうのではありません。抜いた毛が成長期〜退行期のヒゲだった場合には、皮膚の下で休止期だったヒゲが次に生えて来る事になります。「脱毛を始めたけど効果が無かった」とよ...

電話帳やインターネットでヒゲ脱毛を行っている施設は沢山あります。では沢山あるその中からどんな方法で脱毛して、どこに行けばいいのか結構悩んでしまう事がありますよね?ここでは自分に合った脱毛方法や施設を選ぶ時のポイントを解説してみたいと思います。

光脱毛でも、かなり出力を上げて照射すれば3回ぐらいでも脱毛効果を感じられる場合もありますが、光脱毛だと10回ぐらい照射してもあまり感じられないというほど、実感できない場合もあります。レーザー脱毛の場合は1回でも脱毛した実感を得られる方も多く、少なくとも3回ぐらいの照射で、かなりヒゲがゑったと感じるでしょう。ただしヒゲの密度が高く、かなり出力を下げないと、肌にやけどなどのリスクが高くなる場合、とりあ...

ヒゲで悩んでいる人というのは、すでに学生自体からの悩みがある人も多いでしょう。社会人になれば、さらに朝の時間も貴重になりますし、他人に与える印象もより重要になるので、ヒゲの悩みは深くなります。学生時代は時間はたっぷりあるのに、お金にはあまり余裕はないので、なかなか学生で髭脱毛を本格的に始める機にはなれないと思います。しかし逆に社会人になると、なかなか土日の貴重な休みに髭脱毛に通うのはおっくうですし...

毛嚢炎は細菌感染の一種で肌に赤いブツブツができるため、ニキビと間違えることもある病気です。ただしニキビとは異なり痛みや痒みなどがほとんどないのが、毛嚢炎のひとつの特徴です。毛嚢炎を引き起こしているのは黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌で、これらの細菌が毛穴の奥の毛包と呼ばれる部分に入り込むことで症状が出てきます。こうした状態は肌が不衛生な状態にあると発生しやすいのですが、こうした状態以外の時でも発症す...

脱毛すると時々体毛が固くなってしまったり増えてしまったりすることがあります。これを硬毛化あるいは増毛化と言います。これらの症状を発症させる脱毛施術というのはレーザー治療であることが多いです。レーザー治療は、医療脱毛の一環として行われる手術ですが、熱エネルギーを利用して施術を行うことになりますので、一般的な脱毛処理とはかなり異なった方法で脱毛を行っていきます。その過程で予測できない体毛の変化を確認で...

ヒゲ脱毛をして泥棒ヒゲになる理由には、強すぎる熱を照射することにより焼け切れなかったヒゲが毛穴の奥に残ってしまうからです。太い毛の状態のまま毛穴に残ってしまうので、顔の中でも色が濃く目立った状態になります。その特徴には口の周囲を円を描くようにヒゲが濃くなることで、漫画でもよく描かれている泥棒ヒゲとも呼ばれ、男性にとっても忌み嫌われています。脱毛サロンなどにヒゲを薄くするために施術を受けた直後に泥棒...

脱毛箇所や肌の状態にもよりますが、基本的にはにきびがあっても脱毛が可能なサロンや医療機関が多くなっています。理由としては薄いにきび跡ならば黒い色素に反応するフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が反応しにくいからと、パッチシールを貼ることで患部を避けて照射できるためです。サロンによっては最近では肌トラブルがあっても特殊光を使用することで施術ができるようになったハイパースキン脱毛が採用されていることもあり、比...

ヒゲ脱毛で後悔することはいろいろ考えられます。シミができてしまったとか、毛嚢炎になったとか、脱毛したら幼く見られるようになってしまったとか、年齢がいったのにヒゲがないから威厳がないので生やしたいとか、好きな女の子が髭好きだったとか・・・でもそんな異は滅多に起こりません、そんなことより問題なのは、ヒゲ脱毛が完全にできなかったこと。これが一番の後悔になるのです。結構なお金をつぎ込んで、さらに貴重な時間...