ヒゲ脱毛で後悔するのは抜けきれないこと

ヒゲ脱毛後悔

ヒゲ脱毛で後悔することはいろいろ考えられます。

 

シミができてしまったとか、毛嚢炎になったとか、脱毛したら幼く見られるようになってしまったとか、

 

年齢がいったのにヒゲがないから威厳がないので生やしたいとか、好きな女の子が髭好きだったとか・・・

 

でもそんな異は滅多に起こりません、そんなことより問題なのは、ヒゲ脱毛が完全にできなかったこと。

 

これが一番の後悔になるのです。

 

結構なお金をつぎ込んで、さらに貴重な時間を費やして通ったのに、

 

その結果期待していたとおり髭が脱毛できず、いつまでたっても髭剃りを続けなければならない

 

これは、ヒゲ脱毛をしようと思い、ヒゲ脱毛を実際にした人にとって、ものすごく期待外れでがっかりすることです。

 

それなのに、こういう結果になってしまう人は、実は、先に挙げた、些細な異より(シミができるのは些細な事ではありませんが)

 

ずっと多くの人が体験していることなのです。

 

だからそんな後悔をしてほしくないので、声を大にして言います。

 

まず、サロンの光脱毛は髭を脱毛仕切れません。

 

光脱毛でも、医療機関でしか使えないような高出力のIPLやI2PL系の

 

光脱毛機であれば、大丈夫ですが、医療従事者でなくても扱えるような光脱毛マシンでは無理です。

 

I2PLはレーザー脱毛と同じ波長を複数出せるので、レーザー脱毛以上の効果があるというドクターもいますので、

 

必ずしもレーザーが一番、光はその次という事ではなく、医療機関でしか扱う事ができない脱毛マシンかどうかという事が重要です。

 

目一杯の出力で照射して、2週間ごとにやるのであれば、一時的には生えない状態にすることはできますが、また生えてきてしまいます。

 

もちろん体質によっては、脱毛してしばらく生えてこないという段来もいるかもしれません。

 

しかし多くの人が、1年通ったのに全然ヒゲ脱毛ができなかったとか、2年通ったのに、1年以上たったら元に戻ったとか・・・

 

そういう経験をしていて、何のために大金を使ったのかと後悔するのです。

 

ですから、髭はレーザー脱毛か美容電気脱毛(ニードル)で脱毛してください。

 

たとえレーザー脱毛でヒゲ脱毛したとしても、中には20回ゃってもまだ脱毛仕切れないという事もいます。

 

脱毛機の選択や照射出力の調整、髭の室によっては、レーザー脱毛でもこのような場合もあります。

 

だから男性の脱毛症例の多いクリニックでの医療脱毛をおすすめしています。

 

また産毛が生えてきてしまう、白髪の髭が生えてきてしまうなどするので、髭剃りを1年に一回間しなくと済むという人はほとんどいません。

 

レーザー脱毛でもそうなのですから、脱毛サロンのやメンズエステの弱い光脱毛では、満足できない人がたくさん出るのです。

 

生えてきたまた照射すればいい、ずっと続けてもいいというのであれば、4年ぐらいずっと脱毛サロンに通うということも考えられますが、

 

たいていの人は、ずっと通い続けるのなんて嫌だと思います。

 

悪いことは言いません、ヒゲ脱毛で後悔したくなかったら、男性の脱毛実績の多い、医療機関で脱毛をしましょう。