毛嚢炎とは

毛嚢炎は細菌感染の一種で肌に赤いブツブツができるため、ニキビと間違えることもある病気です。

 

ただしニキビとは異なり痛みや痒みなどがほとんどないのが、毛嚢炎のひとつの特徴です。

 

毛嚢炎を引き起こしているのは黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌で、これらの細菌が毛穴の奥の毛包と呼ばれる部分に入り込むことで症状が出てきます。

 

こうした状態は肌が不衛生な状態にあると発生しやすいのですが、こうした状態以外の時でも発症するリスクが高まる時があり、それが肌や毛包にダメージを受けた時です。

 

脱毛と言うのは、毛を処理できると言うメリットがある半面、どうしても肌の表面や毛包にダメージが発生してしまうと言うデメリットがあります。

 

そのため脱毛後には毛嚢炎ができやすくなると考えられます

 

レーザー脱毛でもできるの?

特に太い毛が生えやすい部分や皮脂腺が多い場所、また不衛生になりやすい場所と言うのは、脱毛により毛嚢炎が発症しやすい場所として挙げられています。

 

たとえば自己脱毛の場合は、無理矢理、毛を抜いたりすることで毛包が傷ついてしまったり、カミソリで毛を剃ることで肌表面が傷つきやすくなります。

 

あるいはプロに脱毛を任せた場合でも、レーザー脱毛などの場合には一時的に肌にダメージが与えられますし、施術が合わなければ同様のことも起こり得ます。

 

毛嚢炎は最初の段階では赤いブツブツができる程度の症状です。

 

そのまま少しずつその状態がマシになっていけば、特に対策などをしなくても自然に治癒していく場合がほとんどです。

 

しかし赤みやブツブツが広がっている、しばらくしても一向に状態が良くならないと言う場合は、市販薬、もしくは医師にかかり処方薬を利用する必要が出てきます。
また炎症が出てきて場合も同様で、そのまま放置しておくと炎症が残ってしまう恐れもあるので要注意です。

 

もし脱毛サロンなどで施術を受けた後に毛嚢炎が出てきた場合は、速やかにそのサロンに連絡をしてアフターケアを受けることが求められます。

 

医療機関で脱毛した場合

医療機関でヒゲ脱毛をした場合、この治療についての費用は契約前に確認してください。

 

こちらで紹介しているメンズリゼや湘南美容クリニックの様な脱毛につよい実績のあるクリニックでは、脱毛のリスクとしてはじめから考えられていて、

 

レーザー脱毛でできた毛嚢炎の治療のための診察や薬代は無料になっています。

 

しかしそれがクリニック全般に共通したものではないのです。

 

むしろ、別途診察料、治療費薬代などが別途発生するところの方がおおいでしょう。

 

ですから、髭のレーザー脱毛をするときにはこの点についての保証などをよく確認してから始めるべきです。