ニキビの治療とヒゲ脱毛

脱毛箇所や肌の状態にもよりますが、基本的にはにきびがあっても脱毛が可能なサロンや医療機関が多くなっています。

 

理由としては薄いにきび跡ならば黒い色素に反応するフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が反応しにくいからと、パッチシールを貼ることで患部を避けて照射できるためです。

 

サロンによっては最近では肌トラブルがあっても特殊光を使用することで施術ができるようになったハイパースキン脱毛が採用されていることもあり、比較的にきびがあっても施術を受けられる可能性が高まっています。

 

にきびが赤黒くなってしまっている場合には火傷の危険性がありますが、フラッシュ脱毛の場合ではフォトフェイシャルのように働くことで肌がきれいになる効果も期待でき、色素沈着やシミを目立たなくしてくれることもあります。

 

脱毛が実際に可能かは初回カウンセリングなどうけることで判断ができますので、不安がある場合にはまずはカウンセリングを受けるようにしましょう。

 

残念ながらにきびが広範囲であったり赤く炎症を起こしてしまっていたり、跡が赤黒くなっているばあいには施術を断られることもあります。

 

このような状態で施術を受けると症状が悪化する恐れがあるため、断られてしまった場合にはまずは治療に専念しましょう。

 

症状が軽い場合であってもにきびがある場合には施術を行わないと決めているサロンやクリニックもありますのであらかじめ目的のサロンがあるのならホームページなどで確認することをおすすめします。

 

結論としてにきびが軽度の場合には可能ですが、たくさんある場合や炎症を起こしてしまっている時には脱毛は難しいと考えておくとよいでしょう。

 

肌荒れをおこしやすい方やにきびが気になる方は先に皮膚科に相談し、肌を整えてから行うと安心です。

 

患部を避けて脱毛することも可能ですが、ムラになってしまうこともあるのでサロンのスタッフさんや医師に相談し、納得したうえで行うようにして下さい。

 

ニキビが多いなら医療脱毛がおすすめ

男性がヒゲ脱毛する場合は、脱毛の効果から考えてもレーザー脱毛がいいので、はじめからクリニックで脱毛するのがおすすめですが、

 

ニキビが多いのであれば、美容皮膚科で、ニキビの治療も平行してできるような脱毛をすれば効率がいいです。

 

レーザー脱毛であればニキビ跡の改善をできるレーザーマシンもあるので、一石二鳥となると思います。